うつ病の基準を知ってしっかりと診断を受けよう

診断検査

男性

うつ病の診断検査では、自分で調べるための診断チェックシートといった簡単なものから、専門外来で行なう特殊医療機器を用いた精密検査まで様々な検査があります。自分で行なうことができる診断チェックシートはインターネットのうつ病予防サイトなどでも調べることができるので手軽に行なうことができます。しかし、あくまでも簡易的な診断シートになるため目安程度という認識にしておきましょう。専門外来で行なう精密検査では頭部に特殊医療機器を装着し、その機械で頭部の血流の変化を計測することができます。計測中は簡単な課題に取り組んでもらい、その回答中にどの設問の時に反応したか調べてうつ病か診断するのです。この方法は光トポグラフィー検査と呼ばれるもので最近認可が下りたばかりの最新検査方法となります。現在の病院ではまだこの光トポグラフィー検査を導入している病院は少ないですがこれから増えてくるでしょう。精神科や心療内科、メンタルヘルスクリニックといった場所では外国で定められた基準によってうつ病の診断を行います。この基準は多くの専門外来で行なわれており、直接的に患者に対して何かを行なう訳ではなく質疑応答のような形式で行なわれます。また、質疑応答も難しい患者に対してはチェックシートで記入してもらうような形で診断を行なうのです。一般的にうつ病のイメージとしては精神的に症状が出る病気と思われています。実際に精神的な症状も出るので間違いではないのですが、肉体的な症状として関節痛や頭痛、手足のしびれといったものも症状として出てきます。そのため、初期症状として肉体的症状が出てもただの筋肉痛や痛めただけだろうと判断してしまう方が多いのです。これらの症状を放っておくことにより肉体的な症状から精神的な症状にシフトしていくケースがあります。
うつ病という病気に対して知識を少しでも持っていれば早期発見で治すこともできたのに、知識不足によって重症化してしまうことが多いのです。日本は外国と比べてうつ病などのメンタルヘルスに抵抗が強いです。外国では日常的にメンタルヘルスケアを行なっており、一般的な外来として利用されています。それに比べて日本では偏見などがあるため、精神科や心療内科という名前を聞いただけで足が止まってしまうのです。うつ病はどんな性格の人間もなる可能性を秘めており、年令に関係なく発症する病になるので偏見などを持たずに気になることがあれば相談からしてみましょう。病気になってからでは遅いこともあるのでしっかりと知識と対策をしっておくといいです。